消費カロリーをチェックしてダイエット

仕事を辞めて約1年。

やっと次の働き口を見つけた時には、体重が4キロ近く増えていました。

太ったという認識がなかったため、新しい職場で制服のサイズを聞かれた時に以前のサイズを伝えてしまっていました。できあがった制服がなんとなくキツイ気がするけど、我慢するしかありません。

太ったせいか、3階のオフィスまで階段で上がるのも大変です。必ず2階と3階の間の踊り場で休憩が必要。

このままではいけないと、ダイエットを決意しました。

運動は苦手なので、生活の中で気をつければできることを考えました。

食事を抜くとリバウンドしそうなので、ご飯にマンナンヒカリを混ぜてカロリーダウン。もちろん、お弁当もマンナンヒカリ入りのご飯です。

そして、活動量計をつけて生活することにしました。私は、日常生活やデスクワークをしていてもカロリーを測ってくれるという、タニタのカロリズムを購入。入浴時以外、ずっとつけて生活しました。

不思議なもので、活動量計をつけていると、少しでも数値を上げたくて遠回りして歩いたり、急ぐ必要もないのに走ったりしてしまいます。バス停はひとつ手前で降りて、自宅まで歩くのは当たり前。職場でもこまめに動き回るようになったので、とても働き者に見えるようです。

休日など時間がある日は、食べたものをチェックして簡単にカロリーを計算してみます。

カロリズムの消費カロリーと比べて摂取カロリーが少ない時は、それだけ痩せたんだと思えてますますやる気になります。

stick

そして、半年後には5キロの減量に成功しました。制服もぴったりになり、一日中お腹を凹ませてる必要もなくなりました。

その後も体重をキープするため、カロリズムは身につけたままです。マンナンヒカリはちょっとお金がかかるので、食べすぎた時など普段よりカロリーを抑えたい時だけ使っています。

運動すればもっと効率よく痩せられるのかもしれませんが、苦手なことを無理にやってもすぐに挫折してしまいそうですよね。

普段の生活をちょっとだけ変えて、それが習慣になってしまえば、ダイエットはそれほど大変ではないみたいですよ。