お菓子に注意

太ってからダイエットをするのはとて大変なことです。なので、私は普段の生活から常に気をつけていることがあります。それはお菓子やジュースをとりすぎないことです。

当たり前のことですが、お菓子を「やめる」ことは難しいので「気をつける」のです。

ジュースは、普段の生活では飲みません。
ジュースは少しの量に糖分をたくさん含みますので、うっかり飲まないように注意が必要です。
なので、飲み物は白湯かお茶にします。
ジュースはイベントの時や、食事会、お出かけのときなど特別な日にしか飲みません。
ですが、何杯も飲まないように気をつけます。
特別な日にしか飲まないことで、楽しみも増しますし、我慢していたストレスも発散することもできます。

ジュース以外でもコーヒーや紅茶に砂糖やミルクを足さないようにしています。砂糖やミルクを足さないことで風味も楽しめるようになれますしね。

 あとは、気をつけるのはお菓子です。
お菓子は時間があれば自分で作ります。自分でケーキやクッキーをつくれば、バターの量や砂糖の量を調節できますし、なにより自分で作ること砂糖の量を実際に見て、「市販のお菓子にもこれだけ大量の砂糖が使われているのか」と実感することができます。
自分の目で確かめることによってお菓子をセーブできるようになります。

kabo

市販のお菓子を食べる場合には、一袋全部食べないように、小皿に少しずつ食べる分だけ出して数日に分けて食べます。袋に入ったお菓子がたくさん目の前にあるとすべて食べたくなってしまうので必ず目に見えないところに片付けます。

お菓子を食べたあとは必ず、歯磨きをします。
歯磨きをするとお菓子をもっと食べたい、という欲が少しおさまるのです。全てを我慢するのは難しいので、ある程度楽しみを残しつつ気をつけて生活しています。