甘いもの抜きダイエット

どこかの受け売りか忘れましたが、糖質を20日取らないと体が変わるという情報をゲットしました。
これなら、実行できるかもしれないと思い、どうせなら21日にして3週間甘いもの断ちダイエットを実行しようと思い、即実行しました。
この間は、普通に3食は食べるけど完食は一切しない。
飴ひとつ、ガムひとつ、チョコひとつ口にしない、頭の中で「甘いものが食べたい」とよぎったら、水や白湯を飲むという方法です。

ところが、実際にやってみるとすこぶる体調が良い。
思ったほどきつくない。初めは、甘いものが食べたいと頭をよぎりましたが、なるべく甘いもののことを考えない、他のことをするなど意識して忘れるようにしたら、徐々に慣れてきて、体も心も軽くなり、なんか調子が良い。

びっくりしたのは、それまで体のかゆみを感じていたのですが、それがなくなったこと、精神的なストレス、イライラが亡なくなったことです。
体が軽くなるというのは、なんとなくうなづけるうような気がしますが、精神的な面や体のかゆみなども消えていくなどの体調の良好を感じると、いかに糖分が体に悪いかというのがみにしみて感じさせられました。
今までいかに多くの糖質を消費してきたことに、なんと後悔を感じさせられる事でした。

脳には、糖質が栄養と言いますが、食事での糖質で十分まかなえるそうです。
ですから、デスクワーク、勉強などでチョコなど甘いものを欲する時もありますが、できるなら我慢した方が勉強も仕事もはかどるとも聞かされます。
私も実際にデスクワークで甘い物欲しさを断ち切る事により、すこぶるタスクがはかどりました。

また、生理前など甘い物が欲しくなると言われますが、これもできれば摂取を控えた方がいいそうです。
生理前に甘い物を食べると生理痛を促すとの受け売りも聞かされたことを思い出しました。

しかし、多くの人は甘い物が大好きです。
私も大好きです。21日を終えた日は、ちょっと高価なデパ地下やお取り寄せなどで頑張った自分にご褒美として高級な甘いものをいただくと、達成感と豊かな気持ちにさせられます。
そしてまた、新たな21日を頑張ろうと決意を新たにし、次のご褒美を楽しみにするというサイクルが、私の甘い物抜きダイエット方です。

150003070_624